地球防衛艦隊

2000/02/13 更新

※画像をクリックするとフルサイズ表示します。
フルサイズ表示画面からはブラウザの「戻る」で復帰して下さい。


地球防衛艦隊完成!!

地球防衛艦旗艦・アンドロメダ
         
解説:
宇宙戦艦ヤマトのプラモ[メカコレクション]のNo.4・アンドロメダです。
長大で優美な船体にコンパクトな艦橋を挟んで、3連装ショックカノンが
前後に2基ずつ、背負い式に配置されています。
艦首には拡散波動砲が2基。
ヤマトの無骨なデザインと比べると、洗練された美しさ・・・
機能美みたいなものが感じられます。
キットレビュー:
プロポーションも良く、モールドも非常にシャープです。
シリーズ中髄一の出来と言っても、過言ではないでしょう。
改造箇所:
ありません。
接着面の合わせ目を消し、塗装するだけで充分カッコイイです。


主力戦艦
         
解説:
メカコレクションNo.3・主力戦艦です。
箱型の船体に大型の艦橋、3連装ショックカノンが
前部に2基、後部に1基。
艦首の拡散波動砲は1基ですが、中央部の仕切りのため
2基に見えます。
キットレビュー:
一個後に出たNo.4:アンドロメダに比べると・・・出来悪いです。
モールドの致命的な甘さが泣けます(T_T)
改造箇所:
艦橋の大型砲が、設定と違って7連装になっています・・・
なので、モールドを削り落とし、1mmくらいのプラ棒で
6連装に作り直しました。
その後、砲門をピンバイスで穴開け。
あと、主砲の3連装ショックカノンの砲身がチープな感じなので、
砲身をすべて切り取り、1/700WLなどから出来の良い砲身を
移植します。
全体の凹モールドも彫りが甘いので、カッターナイフで
彫りを深くしてやりました。


巡洋艦
         
解説:
メカコレクションNo.21・巡洋艦です。
細身の船体に、戦艦以上とも思える程の重武装を施しています。
その分、防御力に難がありそう・・・
TVのヤマト2ではボコボコにされてたし。
キットレビュー:
アンドロメダに次ぐ出来の良さです。
ほとんど修正点が見つかりません。
改造箇所:
艦橋上部(頂部ではない)から左右に伸びている
レーダーアンテナの支柱がやや長すぎる感があるので、
それぞれ基部を1mmずつカットします。
他はそのまま組んでいますが、船体下部の主砲に近い
4連装連射宇宙魚雷砲は、3連装のものに換えてあります。


護衛艦・駆逐艦
         
解説:
メカコレクションNo.11,12・護衛艦と駆逐艦です。
両艦とも、巡洋艦を簡素にしたようなフォルムをもっています。
割と好きな艦種なんですが、TVでは活躍の場が
ほとんどありませんでした。
キットレビュー:
船体のモールドはなかなか出来が良いです。
しかし、砲塔などの小部品がそれを台無しにしてます。
改造箇所:
護衛艦・・・
主力戦艦同様、主砲砲身はすべて作り直します。
船体を一周するように配置された3連装中口径衝撃砲は、
部品が厚すぎるので、両面から削り込みます。
砲身もダルいので作り直しました。
(3連装中口径衝撃砲は、パトロール艦の部品を移植した方が早いかも)
艦橋頂部のセンサーは、パトロール艦の同形部品を移植。
駆逐艦・・・
主砲砲身は護衛艦と同様です。
4連装連射宇宙魚雷砲は、巡洋艦2セットを犠牲にして移植(^^;
(巡洋艦の連射宇宙魚雷砲が3連装になってるのはこのせい)
艦橋は箱絵のものとあまりにも違いすぎるので、新造しました。

宇宙戦艦ヤマトな部屋に戻る