ジャスティスガンダム

2003/10/31 新規作成

※画像をクリックするとフルサイズ表示します。
フルサイズ表示画面からはブラウザの「戻る」で復帰して下さい。


ジャスティスガンダム(HG-GUNDAM SEED)



解説:
HG-SEEDシリーズのジャスティスです。
設定画を見た時は萎えましたが、劇中での作画が良かったのでセーフ。
キットレビュー:
部品単位で見ると出来はよさげなんですが、組み上げてみると肩幅が狭く、
なで肩気味。頭もちょっとデカい気がして、全体的にマヌケ感が漂ってます。
製作方針:
以下を軸として製作。
・肩幅を広く
・肩をいからせる
・頭部の小型化
・ライフルのデッチあげ(付属のライフルは小さ過ぎ&形状が嫌いなので)
改造ポイント:
■肩幅を広く(かつ「肩をいからせる」も同時に解消)
 胴体側から突き出ている肩の固定軸に、ポリパーツを2個組み合わせたものを
 嵌めるだけ。ポリ剥き出しですが、リフターを肩に乗せれば目立たないのでOK。
 肩も前後にスイング可能になります。
■頭部の小型化
 形状も大きさも全然好みじゃないんですが、キットの頭を改造するのは大変だと
 思ったので、比較的形状が似ていたHGイージスの頭部と交換してしまいました。
 ブレードアンテナはジャスティスの部品に付け替えてあります。
 ジャスティスっぽく見えれば問題なし…という事で。
■ライフルのデッチあげ
 ガンダムジェミナス(G-UNITシリーズ)付属のライフルをベースに、
 ロングバレル化とセンサーの追加を行ってみました。
 使用したジャンクパーツは以下の通り。
  バレル基部:MGジムカスタムのサーベル基部
  バレル  :HGカラミティのランナー(ほぼ真円の部分はプラ棒に使えます)
  銃口   :MGザクIIのマシンガン用銃口
  スコープ :MGザクIIのマシンガン用スコープ
 スコープ前面のガイドフレームは、コトブキヤMSGのマイナスモールドを
 くり抜いたもの。
■拳の削り込み
 指関節のモールドがダルなので、シャープになるように削り込みました。
塗装:
ピンクで成形されているランナーの発色が悪く、かなり気に入らなかったので、
その成形色の部品はガンダムカラースプレー05番(Gピンク…シャア専用色らしい)で
全て塗り直しています。
グレー部はタミヤのエアーモデルスプレーAS-10番(オーシャングレー)です。
白、紫、茶色の所は成形色のまま。あとは細々と部分塗装しています。
スミ入れは、場所によって黒、レッドブラウン、フラットアース(全てエナメル)を
使い分けてみました。
スミ入れ後、つや消しトップコート(水性)を吹いて完成です。


ガンダムSEEDな部屋に戻る