Mさんからのその後の近状報告

 05.9.22 Mさんから以下の報告メールが入りました。
  のでお知らせ致します。 
 
 河野先生大変なことになりました!!

  本当に「新人賞」取っちゃいました!

 今日(9/22)、○○社から電話がかかってきて
 この前、春に提出した例の作品が、なんと新人賞に準入選してしまい、
 (○○先生が面白いと言ってくれたそうです)

 つ、つまり、200人中 5位とかかな?そんくらいに入ってしまったようで
 「デビュー予備軍」になったようです。来月号に私のコメントが載ります。
 来週、プロの先生のところに手伝いに行くことになりました。
 一発で入賞するというのは、名誉あることらしく ほんとに嬉しいです
 (みんな何度も応募するそうなので)

 ついに此処まで来ました!先生のおかげです。
 去年の丁度今ごろ、とりあえずコネでも作って…
 と言っていたのが信じられないです。
 自力で認められ、
 向こうから「育てたい」というオファーが来たということです。

 それで、今後のことですが、とにかく健康管理、体を徹底的に治して、
 効率よく腕を上げ、もう、連載の準備をしてゆきたいと思います。
 こういうのでやりたい!というのはノートのおかげで
 出来てきているので。

 今の、最大の問題はやはり体のことで、夏はかなり調子がよかったものの、
 季節の変わり目からまた症状が出はじめ、
 現在もまた首がいたくなってきています。運動不足もあり、体力も弱っています。
 首が痛くなるとアイデアが出なくなり、作業が遅くなり、判断力が鈍り、
 このままでは連載に支障をきたすことが間違いないです。

 面白い作品を描いてても、途中で体調を崩して連載休止!
 信用を失ってしまう...なんて
 ことが、今の私には起こり得る、と思います。

 それで、
 今からでも ヨガ、運動、出来うることを全てやって、連載に耐えられる体力、
 自己管理能力、を本気で作りたいと思います。出来れば半年くらいで。

 今度、もう一度自宅で気をつけること、運動、自己管理についての
 ノウハウを教えてもたいたいのです。厳しく指導していただいてOKです
 お願いします!
 《 返 信 》

 ■  おめでとう!
 順調なスタートですね。
 でも、今のMさんなら当たり前のことでしょう。

 だって
 自分の夢が明確だし、
 それに向かって具体的本気で動き(アタック)し始めているのですから。
 もっともっと自分の才能を信じて思い切って青春をやりきってください。

 前回持参した4枚のデッサンを拝見した時に、
 課題が明確にクリアーされていく課程が
 漫画に全くの素人の私の眼にも明らかに納得出来ました。

 これからは、
 こんな調子で他のこと(不幸になりそうなコトガラ)にエネルギーを消耗しない、
 そんなことに眼を向けない事です。
 自分の人生をますますハッピーにさせる“切り替え術”を身につけることです。

 既にアシスタント教育に入っているものとするなりして、
 喜怒哀楽はそのままメモ(記録)り、
 ネタの引き出しをいつも満タンにする発想などなどを、
 もっと徹底して続行しましょう。
 そのこと自体が、完璧な自己管理なのです。
 免疫学的なパワーアップも同時に行なっているのです。

 これからも、
 心がいらだつような問題が発生したのなら、友達には相談しないこと!
 なぜなら、
 Mさんの今の問題は、友達が考えられる範疇を既に越えているからです。
 
 その時が、大きなターニングポイントです。
 本当のプロに脱皮する
 自分の人生を変えるビックチャンスだからです。

 つまらない時間の浪費でつまらなく自分を慰めていたのなら、
 折角微笑みかけられた幸運女神にバイバイされてしまう確率が高くなるからです。

 Mさんは、友達のレベルを超えた既に友達が知らないエリアにいるのですよ。
 単に今の自分の気持ちを分かって欲しいレベルなら
 そんな時間の過ごし方も必要でしょうが、、。

 「才能とは諸刃の剣」
 自分の特性(右脳派)をもっともっと洞察を加えていきましょう。
 
 今、そしてこれからは、具体的にドウ考えドウ行動するかで夢の実現と、
 それを盤石なモノにしていく具体的な対応のみが求められているのですから。

 ■前回(050920)来院時に、
 Q;「もしもここでSTMに来て居なかったなら、今頃どうなっていた?」
 A;「実家に帰っていた」

 そんな会話余韻が耳に残っていた矢先の快挙報告だけに、
 私の嬉しさも増幅されています。

 このSTM読者の皆さんにも、
 ドウ頑張ると夢が本当に叶い、ドウし続けることで更に発展できるのかを
 今後もこのような形でその過程開示でのご協力を期待し歓迎致します。
 これからもMさんの夢の実現を協賛者にも分かちあって欲しいと思います。

 それは、皆さんに勇気を与えるMさんからの“愛のメッセ-ジ”だからです。

 ラッキーな事は、全てスタートラインとし、本来の目標である、
 プロの漫画家として、
 「読者を楽します」ことに専念できる環境の整備(心と体のバランス)を
 一層整える支援体制は、お約束致します。

  とにもかくにも、本当におめでとう! 
   「Mさんの体験記」に 戻る                                                           このページのTOPに戻る