歴 史

   第2時世界大戦中、日本でチャップリンの暗殺が提案されたことがある。  理由はアメリカ人の戦意を喪失させるため。  かたやアメリカでは日本人の戦意を喪失させるために  富士山をペンキで赤く着色させてはどうかと提案がなされた。
 忍者の手裏剣は最終兵器。二、三枚しか常備していない。  よって、ハットリはうそっこ忍び。  
 日本最初のシャープペンシルは「ハヤカワ繰り出し式鉛筆」という。  この「ハヤカワ」はメーカー名だが、今の「シャープ」である。
 江戸時代中期「猫に小判」という諺よりも、 「犬に小判」という諺の方がポピュラーだった。
 日本に自動車が入ってきた明治中期から後期には白い車しか  無かったために、下半分を黒く塗ることで他の車両と区別したの  がパトカーの色のルーツ。
 アルキメデスが金の冠に混ざりものが含まれているかどうかを  確かめる方法を自宅の風呂で思いつき、喜びのあまり裸のまま  町中を走り回った話は有名だが、当時は男性が裸で町を歩くこと  は大して珍しいことではなかった。
   唐王朝時代の中国の詩人「杜甫」の死因は、牛肉の食べ過ぎ。
 アヘン戦争が勃発したのは1840年。  「イヤヨ・オジサン・アヘアヘ」と覚えると入りやすい。  ちなみに、本能寺の変の1582年は  「イチゴハニー」
 紀元前 263年頃、古代ギリシャの喜劇作家「ピレモン」は  自分の考えたジョークのあまりの面白さに笑い転げて  死んでしまったという。
 ライバル関係にあるスポーツ用品メーカーの「アディダス社」  と「プーマ社」だが、それぞれ創業者は「アドルフ・ダスラー」と  「ルドルフ・ダスラー」というドイツ人の兄弟である。
   阿片戦争初期、劣勢の清国は司令官を替えるが  新しい司令官が最初に行ったのが全国から便器を集める  ことだった。なぜなら清国はイギリス艦隊の強さを「魔術」  によるものだと信じていて、その対応策を祈祷師に聞きに  行ったところ、そうしろといわれたから。
 リンカーン元アメリカ大統領の秘書の名前は「ケネディ」。  ケネディ元大統領の秘書の名前は「リンカーン」。
 エジソンが発明した蓄音機に日本人で初めて声を吹き込んだのは、  東京日日新聞社社長の「福地源一郎」。  その声は、「こんな時代になると新聞社が困るぞ」だった。
 世界最古の木製建造物である法隆寺は640年に焼失しており、  今の法隆寺は693年建て直されたものそれでも一番古いとはいやはや。
 大名行列といえば即座に思い浮かぶのが「下に、下に」の掛け声だが、  実際にその掛け声を使えたのは徳川御三家だけで、  他の大名行列は「かたよれ、かたよれ」を使用しており通行人はただ道の脇に  よればよかった。
   上野のお山に立つ西郷どんの銅像の顔は、弟と従兄弟の顔を参考に書かれた  絵を元に作られており、西郷夫人も否定するほど似ていない。  これは西郷隆盛が写真嫌いだったことが原因である。
 大阪狭山遺跡で発見された奈良時代のサイコロは  1のうらが4、2のうらが6、3のうらが5だった。
 最近になってやっと証明された”フェルマーの定理”  だが、300年前にフェルマー氏は証明を済ませていた。  ではなぜこんなに時間がかかったのかというと、  フェルマーの論文にこうあった。  「余白がないのでこの証明を省略する。」
 織田信長は、日本で最初に鉄砲の集団戦術を使った武将として有名だが、  実はこれ世界的にも画期的な戦術だったらしく、  いまでもイギリスで開かれている古式銃の大会には、  ”ノブナガ・トーナメント”と言う名前がついている。
 モテモテだった楊貴妃、体臭で誘惑していた。
 20世紀の天才指揮者カラヤンの臨終の瞬間に立ち会ったのは ソニーのオオガノリオ会長だけだった。当時社長だったオオガ さんが2人きりでLD発売の打ち合わせ中のことだったから
 佐渡金山といえば江戸時代のイメージがあるが、平成元年まで掘っていたんだぜ。
 事件の証拠に使われる指紋鑑定、この研究が始まった場所は科学技術が進む  ヨーロッパではなく、明治の初めの日本。当時東京の下町に住むイギリス人  医師ヘンリー・フォールズによって日本の拇印を押す習慣にヒントを得て生  まれたものなのだ。
 信州の武将「真田幸村」の本名は「源二郎信繁」。 文禄三年に「左衛門介(?さえもんのすけ)」と改名をしたが  「幸村」という名前は生涯名乗っていない。
 背広などの袖についている別段使い道の無いカウスボタン。  このボタン、ナポレオンがロシア遠征のとき配下ノの兵士たちが袖で  鼻水を拭うのを見てみっともないと思い、鼻水を拭えないようにしたのが始まり。
 女性用の下着であるパンティーを日本で初めて着用したのはなんとあの「豊臣秀吉」  どうりで「マンガはじめて物語」には「パンティーのはじめて」がなかったわけだ。
 時代劇で人気の高い 鬼平犯科帳の鬼平 と 遠山の金さん は同じ屋敷に住んでいた。
 「夫人ばっかり目立って旦那は目立たねーな〜」と世の中の中高生から批判を  受けがちなキュリー夫人一家だが、実はキュリー夫もさらにはキュリー娘も  ノーベル賞を受賞しているノーベル賞ファミリーだったのだ。
 「鳴くよウグイス平安京」でおなじみの794年の平安京遷都。  でも、移った季節はウグイスが鳴いている季節ではない秋である。  
 凱旋門と並ぶパリの観光名所・エッフェル塔の建設が決まった時、  パリでは芸術家を中心に建設反対運動が広まり、  当時の新聞の世論調査では市民の98%が反対したという結果が出ていた。  が、今ではなくてはならない観光名所。  世の中、何が正しいかを予想するのは難しいもんだねぇ。
 日本の結婚式といえば『神前結婚が伝統的』と思われがちだが、  実は神前結婚とは明治時代に教会で行われていた結婚式をヒントにして、神社が考案したもの。  意外に新しいものなのだ。  
 青森県にキリストのお墓があるというのはちょいと有名な話だが、  石川県に「十戒」でおなじみのモーゼのお墓があるのは、かなり無名な話。