トップページ    労働基準

雇用契約 と 委託契約・請負契約の違い

 労務を提供するときの契約には、いくつかの種類があります。
 一般的に会社に就職するときは、「雇用契約」または「労働契約」です。
 しかし、労務を提供するときの契約には「委託契約」「委任契約」「請負契
約」等もあります。これらは、それぞれ目的や労務の提供方法が違います。
 私は会社員になるつもりだった、ところが知らないうちに「事業主」として
の契約をしていた、等とならないように、契約の種類を良く確認してから契
約を結ぶようにしましょう。
 なお、契約した種類にかかわらず「契約の目的」「労務提供方法」などの
実態で判断されることもあります。 

 労 務 を 提 供 す る と き の 契 約 の 種 類
「雇用契約」または「労働契約」
「委託契約」または「委任契約」
「請負契約」


 1.「雇用契約」または「労働契約」
一般的に就職するという場合は、この「雇用契約」または「労働契約」となります。いわゆる普通の会社員です。
契約の目的
労務に服することです。
労務提供方法
会社の一般的指揮監督関係に入り、一定の規律に従い「労働者」として労務を提供します。
労働関係法規等の適用があります。
賃金、労働時間、休日、休暇などについて、労働基準法、最低賃金法などが適用されます。
仕事が原因の怪我や病気、通勤中の怪我に対して補償する労災保険法が適用されます。
失業したときに所得補填をする雇用保険法の被保険者となります(原則)。
健康保険・厚生年金の被保険者になります(原則)。
判例による「雇用契約」または「労働契約」とする判断基準
仕事の依頼、業務従事に対する諾否の自由がないこと。
勤務時間・勤務場所を指定されていること。
業務用器具の負担がないこと。
報酬が労働自体の対償であること。

 2.「委託契約」または「委任契約」
契約した業務の処理を行います。会社員ではありません。事業主です。
契約の目的
特定の業務の処理。
労務提供方法
一般的指揮監督関係に入らず「事業主」として独立して仕事を処理します。
労働関係法規等の適用はありません。
労働基準法上の労働者ではありませんから、労働関係の法律の適用はありません。
健康保険・厚生年金の被保険者にはなりません。

 3.「請負契約」
契約した内容の完成を目的とします。会社員ではありません。事業主です。
契約の目的
仕事の完成を目的とします。
労務提供方法
一般的指揮監督関係に入らず「事業主」として独立して仕事を完成させます。
労働関係法規の適用はありません。
労働基準法上の労働者ではありませんから、労働関係の法律の適用はありません。
健康保険・厚生年金の被保険者にはなりません。


 継続雇用・年金・人事・労務 関連ソフトなら こちらへ



 トップページ    労働基準