平成28年度(2016年度) 年金支給額  
  | TOPページ | 公的年金メニュー |  
 
                                      (更新2016/02/01)
■ 2016年4月(6月支払分)から実施される平成28年度の年金額は、物価、賃金によるスライドは行われず、平成27年度から据え置きとなります。
 
 ただし、年金額(年額)の端数処理がそれ までの100円未満四捨五入から、1円未満四捨五入に改められました。
 これにより、基礎年金が満額でない方の年金額や厚生年金の年金額については、基本的に各年金単位で年額50円以下(月額4円以下)の増減が生じます。

 自営業者らが加入する平成28年度の国民年金は、満額65,008円と変わりません。


厚生年金 

 厚生年金の額
平成28年度   平成27年度
標準的な年金額(従前額)
世帯(夫婦)の合計年金額
月  額   月  額
221,504円  221,507円
(注) 厚生年金は、夫が平均的収入(平均標準報酬36.0万円)で40年間就業し、
    妻がその期間全て専業主婦であった世帯の新規裁定の給付水準。
   ※平成27年度、夫婦で厚生年金(年額)1,097,866円 → 1,097,900円(年額)
    の場合、平成28年度は、年額1円未満四捨五入のため、1,097,866円(年額)
    となり、月額221,504円と3円変わります。



 | TOPページ | 公的年金メニュー | このページの先頭へ  |





国民年金  基礎年金の額

 
 基礎年金の額       平成28年度        
 年  額 月  額
 老齢基礎年金 780,100円 65,008円
                      


国民年金の保険料月額  平成28年度
  16,260(月額)    (平成27年度と比較すると670円の引上げ)
 

 

 | TOPページ | 公的年金メニュー |  このページの先頭へ  |











平成27年度(2015年度) 年金支給額  
  | TOPページ | 公的年金メニュー |  
 
                                      (更新2016/04/01)
■ 2015年4月(6月支払分)から実施されます。

 この平成26年度の特例水準年金額からの改定率は、基礎年金0.9%増となっています。
 自営業者らが加入する国民年金(月額)を満額の64,400円受給している人は、608円増の65,008円となります。
 夫婦で厚生年金(月額)を219,066円受給している標準的なケースでは2,441円増え、221,507円になります。(平成27 年度の新規裁定者)


厚生年金 

 厚生年金の額
平成26年度   平成27年度
標準的な年金額(従前額)
世帯(夫婦)の合計年金額
月  額   月  額
219,066円  221,507円
(注) 厚生年金は、夫が平均的収入(平均標準報酬36.0万円)で40年間就業し、
    妻がその期間全て専業主婦であった世帯の新規裁定の給付水準。




 加給年金額  平成27年度
年  額 
 配偶者・ 第1子・第2子 224,500円 
 第3子以降 74,800円
 ※子とは次の者に限られます
  18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子
  20歳未満で障害年金の障害等級1級または2級の子



 配偶者加給年金特別加算額   平成27年度
生   年   月   日     年  額 
 昭和9年4月2日〜昭和15年4月1日 33,200円
 昭和15年4月2日〜昭和16年4月1日 66,200円
 昭和16年4月2日〜昭和17年4月1日  99,400円
 昭和17年4月2日〜昭和18年4月1日  132,500円 
 昭和18年4月2日以後  165,600円 



 障害厚生年金関係   平成27年度
年  額 
 3級障害厚生年金の最低保障額 585,100円
 障害厚生年金の配偶者加給年金額 224,500円



 遺族厚生年金関係   平成27年度
年  額 
 中高齢寡婦加算額 585,100円





 | TOPページ | 公的年金メニュー | 





国民年金  基礎年金の額

 
 基礎年金の額       平成27年度        
 年  額 月  額
 老齢基礎年金 780,100円 65,008円
 障害基礎年金    1級 975,100円 81,300円
 2級 780,100円 65,008円
 遺族基礎年金 780,100円 65,008円
                      



 障害基礎年金および遺族基礎年金の子の加算額
 平成27年度 年  額 
 第1子・第2子 224,500円 
 第3子以降 74,800円
 ※子とは次の者に限られます
  18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子
  20歳未満で障害年金の障害等級1級または2級の子



 
振 替 加 算 額    平成27年度 (年額)
生   年   月   日 振替加算額
大正15年4月2日 昭和02年4月1日 224,500円
昭和02年4月2日 昭和03年4月1日 218,400円
昭和03年4月2日 昭和04年4月1日 212,600円
昭和04年4月2日 昭和05年4月1日 206,500円
昭和05年4月2日 昭和06年4月1日 200,500円
昭和06年4月2日 昭和07年4月1日 194,600円
昭和07年4月2日 昭和08年4月1日 188,600円
昭和08年4月2日 昭和09年4月1日 182,500円
昭和09年4月2日 昭和10年4月1日 176,700円
昭和10年4月2日 昭和11年4月1日 170,600円
昭和11年4月2日 昭和12年4月1日 164,600円
昭和12年4月2日 昭和13年4月1日 158,700円
昭和13年4月2日 昭和14年4月1日 152,700円
昭和14年4月2日 昭和15年4月1日 146,600円
昭和15年4月2日 昭和16年4月1日 140,800円
昭和16年4月2日 昭和17年4月1日 134,700円
昭和17年4月2日 昭和18年4月1日 128,600円
昭和18年4月2日 昭和19年4月1日 122,800円
昭和19年4月2日 昭和20年4月1日 116,700円
昭和20年4月2日 昭和21年4月1日 110,700円
昭和21年4月2日 昭和22年4月1日 104,800円
昭和22年4月2日 昭和23年4月1日 98,800円
昭和23年4月2日 昭和24年4月1日 92,700円
昭和24年4月2日 昭和25年4月1日 86,900円
昭和25年4月2日 昭和26年4月1日 80,800円
昭和26年4月2日 昭和27年4月1日 74,800円
昭和27年4月2日 昭和28年4月1日 68,900円
昭和28年4月2日 昭和29年4月1日 62,900円
昭和29年4月2日 昭和30年4月1日 56,800円
昭和30年4月2日 昭和31年4月1日 51,000円
昭和31年4月2日 昭和32年4月1日 44,900円
昭和32年4月2日 昭和33年4月1日 38,800円
昭和33年4月2日 昭和34年4月1日 33,000円
昭和34年4月2日 昭和35年4月1日 26,900円
昭和35年4月2日 昭和36年4月1日 20,900円
昭和36年4月2日 昭和37年4月1日 15,000円
昭和37年4月2日 昭和38年4月1日 15,000円
昭和38年4月2日 昭和39年4月1日 15,000円
昭和39年4月2日 昭和40年4月1日 15,000円
昭和40年4月2日 昭和41年4月1日 15,000円






国民年金の保険料月額  平成27年度
  15,590円(月額)    (平成26年度と比較すると340円の引上げ)
 

 

 | TOPページ | 公的年金メニュー |