その5に戻る

DGK鑑賞日記(その6)

・お台場寄席 atフジテレビ
(12/9)


 

今回初めて足を運んだのですが200くらいの客席はほぼ満席でした。

今回は柳家花緑独演会と銘打ち彼が2席。
番組は以下の通り

・開口一番〜たらちね 古今亭いち吾
・おせつ徳三郎 柳家花緑
・紙切り 林家正楽
中入り
・ちりとてちん 柳家花緑

正楽さんの紙きり、お題が”柳家花緑””七福神””藤娘”とおめでたいのが続く。
いつもお題を行った方にプレゼントされるのですが受け取ったのが着物の女性
もしかしたら正月用の仕込みかなと思ってしまいました
<確証はありませんが
あと、これも2度ほど見たのですが”美空ひばりメドレー”。その中には小さん師匠に稽古を付けてもらう花緑師匠。
また、正楽師匠ご自身も出ていました。

で、肝心の花緑師匠
枕と本題の切り替えが下手と感じましたがいかがでしょうか
独演会という趣向に緊張していたのか1席目のおせつ徳三郎は今ひとつのできのように感じられました。

ちりとてちんのほうが出来がよかったと思います。     

・キングレコードCD公開録音
(12/9於浅草木馬亭)

 
開演に先立ち、キングレコードおよび東京かわら版の方から趣旨の説明

”落語のCDと言うとどうしても過去の名人のものが主流となるが
今現役ばりばりの噺家さんのCDを出したくて企画した”とのことでした。
全部で10枚を予定しているそうです。

無料と言うこともあったのでしょうが補助席プラス立ち見という大盛況でした。

今回は
・開口一番〜寿限無 春風亭 柳太
・裕次郎物語 昔々亭桃太郎
・不動坊火焔 柳家権太楼
中入り
・ぜんざい公社 昔々亭桃太郎
・火焔太鼓 柳家権太楼

両師匠とも大熱演でした。
桃太郎師匠は初めて拝見したのですがあの駄洒落の連発には驚きました。

ぜんざい公社 以前にも聞いたことがあったのですがよくできた新作ですね。
専売公社や電電公社が無くなってもぜんざい公社は不滅なんでしょうか。

一方、権太楼師匠
こちらは2席とも大熱演でした。

あのオーバーアクションがCDでは見られないのかと思うと残念でなりません。

ちなみに来月1/13にも公開録音が同じく浅草木馬亭で催されます
次回の出演は桂南喬師匠・柳家喬太郎師匠です。     

    


 

DGKindexへ その7