小林亜星の講演

本当の心の豊かさとは何か

これからの日本人は、世界の人達から敬愛されないと、生きていけなくなると思います。自然を愛し、平和を愛し、芸術を愛する素晴らしい人達だ。我々人類の宝だと思わなければ、生きていけなくなると思います。一人一人が、心の豊かさを持ちたいものです。そして心の豊かさとは何かについて、皆さんと語り合いましょう。

国民みんなで歌える歌をとり戻したい

戦後60年、いろいろな歌が流行りましたが、ここ数年、老いも若きも、皆で歌えるような大ヒット曲が生まれていません。何故でしょう?若者と年輩者との間に音楽上の断絶があるように思います。これで良いのでしょうか?私の専門分野の音楽を通じて、皆さんに現状を訴え、我が国の文化について考えたいのです。

ロマンチックをもう一度

昭和初期からの懐かしい音楽とともに、それにまつわる想い出などをお話する、トーク&SPレコードコンサートです。今はもう珍しくなってしまった蓄音機から流れるSPレコードの音が、古き良き時代の「ロマンチック」なひとときをお届けします。

SPレコード:蓄音機で再生する78回転のレコード

21世紀的健康生活の奨め

毎日健康に暮らすには食事療法が大切と強調し、太っていた頃の苦労話やダイエットの方法を細かく説明。また、寺内貫太郎のエピソードなども交え、自分自身と健康との関わりについて話を展開します。

ダイエット食こそ成人病予防食

私は115kgの体重がありましたが、現在79kgにダイエットしました。その結果、先祖代々我々日本人が戴いて来たお袋の味こそが、世界に誇る健康食である・・・という結論に達しました。貫太郎役の頃のあのデブだった私の、体重と苦悶を通じて日本人の食生活を考えてみたいと思います。

歌は世につれ世は歌につれ

音楽にはクラシックなどメロディー主体のものと、ジャズ、ロックなどリズム主体のものがあると解説し、「音楽は倫理とか道徳は関係ない。音を楽しめばいいんです。」と強調。身振り、手振り、口での即興演奏や、バッハからビートルズまでの有名音楽家のエピソードなども交え、自分自身と音楽との関わりについて話を展開します。

special program!!
みんなで創ろうみんなの歌を

町民・地域の皆様の、参加型プログラムです。 会場に来る時に目にしたものや出来事・風景・町の名物や自慢したいもの等を題材に、みんなでひとつの歌詞を創りあげていきます。できたてホヤホヤの歌詞に、小林亜星がその場でメロディーを付けます。自分達が考えた言葉やフレーズがその場で歌になり、そして全員で合唱します。「自分達の手作りの、自分達の町の歌のできあがり!!」 これは町民の皆さんが自分自身参加することで、より一層の感動があります。

お問い合わせ: アストロミュージック出版株式会社