裁判の経緯

平成10年7月
「記念樹」が「どこまでも行こう」の著作権を侵害しているとして「記念樹」の作曲者服部克久に対し、訴えを提起。
平成12年2月
東京地方裁判所は、請求を棄却、控訴。
平成13年2月
「記念樹」の著作権者株式会社フジパシフィック音楽出版及びCDを録音し出版していた株式会社ポニーキャニオンに対して、著作権侵害を理由に訴えを提起。
平成14年3月
「記念樹」の放送を継続していた株式会社フジテレビジョンに対して、著作権侵害を理由として放送差止請求等の仮処分の申立及び本案の訴えの申立。
平成14年9月6日
東京高等裁判所は、服部克久に対して編曲権侵害を理由として約900万円の損害賠償の支払を命じる。
平成14年9月
株式会社フジテレビジョンは「記念樹」のテレビ放送を中止。また、株式会社フジテレビジョンが今後「記念樹」を放送しないと誓約したため仮処分命令の申立は却下。
平成15年3月11日
最高裁判所は、服部克久の上告を却下。
平成15年3月13日
社団法人日本音楽著作権協会は「記念樹」の利用許諾を中止。
平成15年4月16日
社団法人日本音楽著作権協会に対して著作権侵害を理由として訴えを提起。
平成15年7月9日
全国の各都道府県教育委員会に対し、小学校において「記念樹」を歌唱させないよう依頼。また、同日カラオケ事業者などの主たる「記念樹」の利用者に対して「記念樹」の利用を中止するよう警告書を発送。
平成15年12月19日
東京地方裁判所は、株式会社フジテレビジョン,株式会社フジパシフィック音楽出版,株式会社ポニーキャニオンに対して損害賠償を支払うよう命じた判決言渡し。小林亜星コメント
平成15年12月26日
東京地方裁判所は、社団法人日本音楽著作権協会に対して損害賠償を支払うよう命じた判決言渡し。
平成17年2月17日
東京高等裁判所は、社団法人日本音楽著作権協会に対する1審・東京地方裁判所判決を取り消し、請求棄却。小林亜星コメント